« 書評 『出版流通合理化構想の検証:ISBN導入の歴史的意義』 湯浅俊彦 ポット出版(2005) | トップページ | 学術文献の入手の方法 : 大学図書館における雑誌の収集 : "紀要"をめぐって »

「琉球大学附属図書館貴重書展見学記」

 「大学図書館問題研究会京都支部報」212号(2003/3)掲載 

 2月の週末、沖縄旅行に行ってきました。その際、おりしも開催されていた「史料が語る琉球:平成14 年度琉球大学附属図書館貴重書展」を覗くことができました。展示内容は、沖縄学者として有名な仲原善忠や伊波普猷関係資料から始まり、琉歌(琉球語で作られた和歌に対応する文学)、三線の楽譜である工工四(くんくんしー)、琉球風俗を描いた絵巻、書跡や琉球版(琉球時代の刊本)など芸能・文化関係史・資料、琉球王府関係の文書類や江戸上り(幕藩体制下、琉球王や徳川将軍の代替わり時に江戸へ送られた使節)関係史料まで、「琉球」をわかりやすく一覧できる構成となっていました。また、E.R.ブール(大正時代に沖縄で活動した宣教師)が撮影・収集した彩色ガラス写真のコレクションが色を添えています。そして、会場内のパソコンコーナーでは、琉大附属図書館の電子図書館サービスで電子化提供されている、沖縄関係資料に触れることができるようになっていました。

 電子図書館としての貴重資料電子化は、さほど珍しいものではなくなってきていますが、展示会冊子にある「将来的には、これら電子化資料を利用した研究の成果も取りこみ、個々に作成された電子化資料も有機的に統合した「沖縄学総合データベース」の構築を目指している」という方向性は、地域に根差したポリシー、地に足のついた電子化のあり方として、考えさせられるものがありました。 また何より印象的だったのは、“リウボウ”という那覇の繁華街にあるデパートで開催していることです。京都で言えば、大丸や高島屋を会場にしているようなものでしょうか(もちろん入場は無料でしたが)。この会場で展示会を行ったのは、昨年に続いて2回目なのですが、1回目は2000人を超える入場者があったとのことです。貴重資料の保存とともに、それらを展観することで「モノ」が語る力を伝えるというのは、図書館の重要な機能の一つかもしれません。しかし、ふつう図書館の展示会というと、館内を会場にしており、関心のある方々が来てくださるのが一般的なのではないでしょうか。それを、地域とともにある開かれた大学として、積極的に見てもらえる機会・場所を創る、ということは、大学図書館の外への見せ方、プロモーションのあり方としても、たいへん興味をひかれた次第です。
 (もちろん、夜は夜で、美味しいゴーヤーチャンプルーや泡盛にたいへん興味をひかれたわけですが、その話はまた別の機会?に)

 琉球大学附属図書館貴重書展のお知らせ:http://www.lib.u-ryukyu.ac.jp/oshirase/os015.html
 琉球大学附属図書館電子化資料:http://www.lib.u-ryukyu.ac.jp/

|

« 書評 『出版流通合理化構想の検証:ISBN導入の歴史的意義』 湯浅俊彦 ポット出版(2005) | トップページ | 学術文献の入手の方法 : 大学図書館における雑誌の収集 : "紀要"をめぐって »

図書館」カテゴリの記事

旅行・地域」カテゴリの記事

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/501889/48544817

この記事へのトラックバック一覧です: 「琉球大学附属図書館貴重書展見学記」:

« 書評 『出版流通合理化構想の検証:ISBN導入の歴史的意義』 湯浅俊彦 ポット出版(2005) | トップページ | 学術文献の入手の方法 : 大学図書館における雑誌の収集 : "紀要"をめぐって »